記事一覧

「バレットジャーナル」が気になる。

ノートに自分で好きなように罫線引いて、簡単な記号を使って箇条書きする手帳作ってしまう…という話らしいです。

ロイヒト何とかっていうドイツのノートが良さげらしいですが3000円ほど…目次とページ数が印刷されていて、ハードカバー。
200ページほどありますが、これで例えば1年回すのはちょっと割高(?)

もしやるなら、良い感じのノートを探すことから始まりそうです。
ま、それ以前の問題がありますがね…いつも通り。

さて、プログラミングですが…うーん。3歩進んで2歩下がる感じ(?)
確かに「ローマは1日にしてならず」ですが…不安です。

昨日、教室の方に問題集ばっかり2周も3周もやっていて「なら、先へ進んでください。ゼロとか5とかしか分かっていないのならアレですが…」と言われた始末…

うーん…ゼロかもしれないですよ。

今日、別の教室の方が受講生の方にその話題をされていたので、帰る用意をしながら思わず立ち聞きしてしまいました。

よく我々は「先へ進んでください」と言っている。一見無責任なように聞こえるが「"分からなくても良いからとにかく"先へ進んでください」ということなのである。

…なんかそんな話でした。
含まれている・秘められている言葉の方がえらく多いですがね…
停滞していも何も生まれないし、ある日ふと「分かった」がポンと降ってくるみたいです。

完全にスッキリした「ポン」ではなかったですが、簿記の勉強していた時に確かにありましたね。

それと合わせて、やはりどんどん質問してくださいと。

大して質問しないままここまで来ちゃいましたからね…完全にバカです。

図々しさがないですよね。

質より量になっている。

3か月ぐらいで終わらせられるカリキュラムを半年勝負とかって勝手に思っているとか、質も効率も悪いです。

本当に自分を変えなければならない。

過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント